クリスマスなのでケーキを大豆から作ってみた

メリークリスマス🎄✨

今年もこの時期がやってきました。

チキンやツリーの形に整えられたサラダ、クリスマスケーキ……!

美味しいものが食べられる素敵な行事ですね!!

だからこそ気になるのは、カロリーです。

でも美味しいものいっぱい食べたい……でも太りたくない……。

 

じゃあ!!

   

大豆から豆腐を作ればいいじゃない!!

  

 

 

Day.0 豆腐を作る準備をする

    

と、いうことで作っていきましょう。

今回は豆腐を大豆から作り、その豆腐から豆腐ケーキを作りたいと思います。

 

豆腐を本格的に作るのは明日から!

今日は豆腐に使用する大豆の下準備

  

  1. 大豆の表面をしっかりと洗う。
  2. 水に一晩浸ける。

  

簡単な作業です。が、ここで問題が発生しました。

一緒に豆腐を作ってくれるわんりとのLINE。

 

材料が集まらない。計画性の無さが露呈してしまいました。

この後、無事ににがりを購入できました。安心。

この人たち豆腐作る気、ある?

 

ともかく。

材料も揃ったので大豆を洗いましょう。

 

……とはいきません。

溜めていた課題を消化しているうちに、大豆のことなど忘れていました。

そのまま布団に潜り込んだ私に、大豆の存在を思い出させてくれたのは母。

家族LINE。余談ですが、起きたい時間を伝えると起こしてくれる最高の家族です。

……豆???

 

と、いうことでやっと洗います。

某100円均一のボウルを使いました。小さすぎてギリギリ。

 

はい! 洗いました。

あとは一晩浸けるだけ。

今度こそ寝ます! おやすみなさい!

  

 

     

Day.1 豆腐を作る

  

  

それでは豆腐を作っていきましょう。

大豆はちゃんと大きくなりました。

 

材料は写真の通りです。上手く作れるかな?

 

1.浸けておいた大豆を、つけ汁ごとなめらかなクリーム状になるまでミキサーにかける。

クリーム状になった大豆ですが、試食したわんり曰く

「水で薄まった大豆。美味しくはない。」

だそうです。悲しい。

 

2.水を鍋で沸かし、クリーム状になった大豆を加えて強火で火にかける。浮いている泡は取り除き、泡がふく直前で弱火にする。

勢いよく入れたら跳ねました。みなさんは気を付けてください。

 

3.青臭い匂いが豆腐らしい匂いに変わったら火を止めて、さらしの袋とざるを使ってこす。

左利きなのでお玉の持ち方がおかしい。見逃してください。

 

「豆腐らしい匂いってなんやねん。」

と思っていましたが、実際に豆腐の匂いがしてきます。楽しい。

この辺りで、「豆腐作るの簡単じゃね?天才かも。」という思考回路になります。

 

4.袋の口を捻って絞る。

この写真を別の友人に送ったら、「モッツァレラチーズみたい」と言われました。あれれ。

 

かなり熱いので、ゴム手袋を使用してください。

私は素手でやろうとして死にました。

豆乳とおからの完成です。

……予想外におからが大量にできてしまいました。

 

5.豆乳を温めて、にがりを全体に行き渡るように入れる。分離してきたら、蓋をしておく。

分量を量って入れます。偉すぎる。

 

分量を量って入れたのに、分離しません。

もう少しにがりを入れてみます。

    

量るのをやめました。適当でいいよね。

 

分離しません。

 

分離しません。  

「分離してくれ……!!」

若干分離しました。

レシピの写真とは全然違うけど、まあいっか。

次の工程に進むことにします。

 

6.底に穴を開けたパックにペーパータオルを敷き、鍋の中から豆腐の塊を掬い出して入れる。

底に穴を開けるのが大変でした。ほぼわんりにやらせました、ごめん。

 

「豆腐の塊」なんてものはほぼ存在しなかったので、取り敢えず液体を全て入れました。

用意していたパックにも入りきらなかったので、急遽ペットボトルの底で代用。

これを冷蔵庫に入れて一晩放置します。固まるといいな……。

一人暮らしの冷蔵庫が豆腐でパンパン。冷蔵庫を開ける度、部屋中が豆腐の匂いになります。

 

  

 

      

   

Author

  • 特技は転ぶことで将来の夢はひよこ人間になること。私の笑い声はラのシャープです。

「スキ!」を押すとこの記事を書いたぴっぴが喜びます!

投稿者: ぴっぴ

特技は転ぶことで将来の夢はひよこ人間になること。私の笑い声はラのシャープです。
実験の記事をCheck!