【硬式野球部】痺れる打者との真剣勝負、狙うは三振KKK【上南戦2018】

【プロフィール】

遠藤友己(えんどう・ともき)

硬式野球部

理工学部情報理工学科3年

 

怪我から復帰!目指すは三振KKK

——上南戦の思い出は何ですか

1年生の時、名古屋のホテルで同期の誕生日をお祝いしたことです。

うちの部活は合宿が多い分、部員と一緒にいる時間が多いです。最近だと、「荒野行動」を同期とやることが多いです(笑)。

 

——試合に関する思い出はありますか

2年生の時、最終回の1イニングを投げさせてもらいました。そこで、全ての打者から三振を奪うことができたのは、とても良い思い出です。

 

——昨年をふまえて何か強化したところはありますか

個人的には、1年生の頃ずっと怪我をしていて、試合にほとんど出場できませんでした。2年生も初めの頃は、少し怪我をしてしまっていたんです。

だから、怪我をしないように、身体の内側を鍛えることを意識して行いました。

 

優れたチームワークで勝利を掴め……!

——硬式野球の魅力は何ですか

自分自身ピッチャーをやっているということもあり、投手と打者とで真剣勝負ができるというのが魅力です。

上智大硬式野球部の個人の力は、他大学と比較しても、強いとは言えません。しかし、チームワークという面では、非常に優れています。1〜4年生まで、上下関係なく仲が良く、盛り上がって競技に取り組んでいます。

 

——野球を始めたきっかけは何ですか

幼い頃、父親がプロ野球のチケットをもらって、一緒に観戦に行きました。

それを観るまでは、軽く遊ぶくらいで野球をやっていました。しかし、生でプロ野球を見てからは、本気で取り組みたいと思い、小学生からチームに入って野球をするようになりました。

 

——ちなみにその試合については覚えていらっしゃいますか

西武時代の松坂が、先発ピッチャーやっていた試合です。西武ドームに行きました。

 

——プロ野球で参考にされている選手はいますか

野球を始めたきっかけでもあるので、小さい頃はずっと松坂選手を参考にしていました。現在では、ダルビッシュ選手や大谷選手の動画を観て、フォームなどを勉強しています。

 

——ご自身のピッチングスタイルについて教えてください

自分の持ち球は、ストレート、チェンジアップ、スライダー、カットボール、フォークの5種類です。試合では、ストレートと変化球のタイミングをうまくずらすように心がけています。

 

——競技生活における最終的な到達目標はありますか

チームとしては、今3部にいるんですが、そこで優勝することを目標にしています。個人としては、最優秀防御率という賞があるので、それを狙っています。

 

勝利の秘訣は「ツムツム」1千万点?!——遠藤選手の学生生活に迫る

——最近嬉しかったことは何ですか

初めて、リーグ戦の開幕投手を任されたことです。昨年の秋、リーグ戦の途中から先発で投げさせてもらうようになりました。

中学校・高校と、ずっとピッチャーをやっていました。高校では、周りの部員のレベルが高く、ベンチに入れませんでした。やりきれない気持ちがあったので、大学で活躍できるよう努力しています。

 

——どこか応援している球団はありますか

自分は巨人が好きです。部内にも色々な球団のファンがいて、闘いになりますね(笑)。

出身に関わらず、みんな各々好きな球団があります。福岡出身の部員がいるんですが、ヤクルトファンですね(笑)。

 

——食事面で心がけていることはありますか

身体が細いので、頑張って食べるようにしています。バランスというよりは量ですね。

間食を含めて、多い日には5食、部活前におにぎりなどを食べています。また、試合前には軽く麺類を食べます。

 

——やめられない癖はありますか?

強いて言えば、試合前にスマホで「ツムツム」をします。昨年の秋、先発をやりだした頃から始めました。1千万点以上のスコアが取れると、試合の調子も良いです(笑)。

試合前、いかに緊張せずリラックスできるかが大切なんです。

 

——好きな授業・面白い授業はありますか?

1年生の時に履修した「情報学実験」という授業がとても面白かったです。グループに分かれてゲームを作るんです。作ったゲームは単純なものでしたが、自分で作ったものを動かせるということが印象的でした。

 

 

——最後に、この記事を見ている学生に一言お願いします

上智大学での野球部の認知度は、まだまだ決して高いとは言えません。

上南戦に関して言えば、昨年は久しぶりの勝利でした。昨年に続き勝てるよう練習をしていますが、本年度は南山開催ということもあり、応援に来ていただくのは厳しいかと思います。

皆さんには野球部について認知してもらい、頑張っていることを是非知っていただきたいです!

【取材を終えて】遠藤選手は、話し方も優しくとても穏やかな印象でした。実際、あまり感情を表に出さないことは、ポーカーフェイスで頼りになるピッチャーであることを手伝っているようです。ぜひ力強いピッチングで南山大学のバッターから三振を奪っていただきたいです!応援しております!

「スキ!」を押すとこの記事を書いたけろが喜びます!


  • 投稿者: けろ

    けろ
    幽霊部員ではありません。
    上南戦の記事をCheck!