ジャニオタがK-popの沼に入ってみた。

10年以上ジャニーズ一筋でヲタ活してきたはずが、昨年、PRODUCE101JAPANとの出会いによってズルズルとK-popの沼へ。。。そこで私が経験したカルチャーショックのようなものをシェアハピ!

    

①誰推し

ファンの間で推しが誰かを表現するときに、

ジャニーズ➜○○担(担当)   

K-pop➜○○ペン(韓国語でファンという意味)

と言う!

    

②誕生日

ジャニーズ➜『(フルネーム)+誕生祭/生誕祭 』

K-pop➜ 『Happy○○day (下の名前)』

ちなみに、どちらも必ずファンの人がTwitter#ハッシュタグをつけトレンド入りさせSNSを通して推しへアピール!勝手なイメージかもしれないが、K-popヲタの方がケーキ作りがち。

https://109news.jp/lifestyle/20200328/187488/writer13?detail

基本的に白いセンイルケーキ(韓国語で誕生日ケーキという意味)を推しの写真と並べてSNSに投稿!おしゃれ上級者は特にクオリティー高め!

    

③グッズ

基本的に値段がジャニーズよりK-popの方が圧倒的に高い!

・ペンライト

最近は会場で制御されるシステムが搭載されていて、演出面でファンも参加するため、絶対に買うべきグッズの一つ。

ジャニーズ➜ツアーごとに販売。

    

グループやツアーのコンセプトによって形や仕組みはさまざま。特に関西勢は個性が強いライトが多い(笑)ジャニヲタは家にペンライトかさばりすぎて気づいたら家中カラフルなライトだらけ!なんていうことも。。。ライブが終わると使い道がなく困るが、テンションを上げるために家で使うのもありかも?私は停電のとき、一人でパリピしていた経験あり!

   

K-pop➜基本的にずっと変わらない。

    

公演ごとに買う必要がないかわりに単価がだいぶ高め。色はメンバーカラー分あることが多い。

    

・ランダム制度

私が最も驚いたNO.1であるこの制度。しみじみとジャニーズ事務所が良心的だと思ったのであった。。。

ジャニーズ➜写真やアクリルスタンド、ファイル、缶バッチなど「○○くんください」と言えば手に入れられる心優しい世界。

K-pop➜何でもかんでもランダム

「○○くんください」と言っても手に入れられない厳しい世界。そのため、お財布と相談しながらできるだけ個数を買う。運営の商売の仕方が上手く悔しい気持ちになるが、欲しいものは欲しいため意地でも買うヲタク。

一方で、開封する瞬間が楽しいのも事実。私も初めて「自引き(自分の力で推しを引き当てる)」したときは大喜び!違うメンバーが出た時に運命だと思って取っておく派、周りのファンに話しかけて交換してもらう派、メルカリでごめんなさいする派に分かれる。K-popのCDにはトレカ(トレーディングカード;推しの写真)がよく入っているが、これももちろんランダム。。。

最近はこんなかわいい収納グッズもあり、100均に頼らないオタクも続出中(^^)

     

④ライブ(現場)

ジャニーズ➜顔うちわとファンサうちわ(ファンサービスをもらうための手作りうちわ)の二枚持ち。ライブに行くことを「参戦」というほど命をかけて挑む。

   

K-pop➜うちわはあまり持たない。ファンサは強く求めない大人な楽しみ方。中には名前のみ書いたスローガンをもって参加するヲタクもいる。

   

    

他にも、コールの仕方やリズムの取り方などあらゆる面に違いがあるので、どちらかの沼にすでにいる人は片足を一歩踏み出してその違いを楽しんでみてはどうだろうか?現時点でどちらの沼にも足を突っ込んでいない人は両足ジャンプで同時にハマってみてはどうだろうか??

※以上はあくまでも私個人の感想であり全グループに共通することではありませんのでご了承ください。

4+

「スキ!」を押すとこの記事を書いたmaiが喜びます!

4+

投稿者: mai

mai
新聞1年です。
エンタメの記事をCheck!