アリオーゾ配布ってこんな感じなんです。

みなさま、素敵な夏休みをお過ごしでしょうか。我々アリオーゾ部員も、大仕事を終えて、各々楽しい夏休みを過ごしております(多分)。

 

さて、我々がどんな大仕事を終えたかと申しますと、夏休みが始まる前をちょっと思い出していただきたい。

 

…テスト? 思い出したくもない?

 

違います。いや、それも大仕事ではあるけど、私も思い出したくないんで。それよりももう少し前の、昼休みのメンストです。

我々が何をしていたかと言いますと、

アリオーゾvol.19 『もしも、』の配布!!!!!!

配布の様子

配ってたんです、メンストで!

「あーね、やってたかも」ってちょっと思い出していただけましたでしょうか。この配布、アリオーゾ部員にとっては超大仕事なんです。なんせ、

 

まーーーじで暑い。溶ける。でろでろ。

 

夏号の配布は兎にも角にも暑い。冬号は冬号で寒くてたまらない。紙媒体だから風にも負ける、雨にも負ける。

でも、

発行したからには1人でも多くの方に読んでいただきたい!!

ってなわけで、内心文句言いつつ配っております。

 

今回はアリオーゾの大仕事、配布について、あるあるを交えつつお話ししたいと思います。ティッシュ配りのバイトしたことある方にはわかってもらえるのではなかろうか。

 

そもそも、アリオーゾの配布は基本は年3回、フレッシュマンウィークのための『大学一年生』、7月のアリオーゾ夏号、1月のアリオーゾ冬号の発行後に行っています。あとは上南戦冊子ミスコン冊子なども配ったりしています。配布期間はだいたい2週間、昼休みのメンストで行っています。詳しい配布期間はアリオーゾのツイッターをチェックしてみてください!

 

アリオーゾの配布はシフト制で、担当の日にメンストに行き、冊子を手にひたすら配る。これだけです。

ノルマはありませんが、特に指導もないので、どうしたらより多くの人に受け取ってもらえるのか、各自研究が進みます。

 

部員Aは、

「近づいてくるギリギリまで目を合わせず、ここぞというタイミングで胸元に『ぬっ!』っと差し出す」

と言っていました。成功率は高そうですが、やられたらちょっと怖いですね。

*イメージ

 

さて、ここからはアリオーゾ配布あるある

 

あるあるその1

「欲しいです! ください!」って近づいて来てくれると本気で嬉しい。

まじで嬉しい。

ありがとうございます。

ありがたや〜

 

あるあるその2

渡しかけた時、「あ、もらいました」って言われると真偽を疑う

ほんとにもらってくれてるならとっても嬉しいけど、嘘かもしれぬ。だって私、この技たまに使うもん(おい)。まあでもガン無視より良い。だからまあ、

許す(何様)。

 

あるあるその3

目が合って近づいて来たのに受け取ってもらえないと「ん!?!?」ってなる

え、今なんで目合わせた? んでもってなんで近づいた? え???

って、なっちゃいますよねぇ〜。

 

あるあるその4

他にメンストで配布してる団体とは仲良くなりがち。配布物交換しがち

お互い苦労がありますねえ、って分かり合える。仲間意識が芽生える

 

あるあるその5

微妙な知り合いが近づいてくると気まずい

いますよね、微妙な知り合い。AC一緒だったとか、辞めたサークルの人とか。そういう人達に全く気づいてもらえないのもしんどいし、変に声かけちゃって忘れられててもしんどい。気づかれて、「あ、、、」とか言われてもしんどい。とりあえず貰われてその場で自分が書いたところ読まれたりするのもしんどい。何をしようとしんどいわけです。

 

あるあるその6

友達にいっぱい渡しがち。

一気に捌けるんです。ありがとう友達。あわよくばいろんな人に紹介してくれ。

しかも友達、配布手伝ってくれたりもする。持つべきものは友

 

あるあるその7

教授たちは受け取ってくれない

じとっとした目

これ、なんでなんですかね。

 

あるあるその8

派手〜〜なタイプの方が意外と受け取ってくれる。

意外とか言ってごめんなさい。ありがとうございます。上智生は総じて字を読むのが好きってことですかね。

 

あるあるその9

留学生も受け取ってくれる。

ありがとうございます。日本語の勉強に役立ててください。

 

あるあるその10

2年目ともなると無の境地

断られても無。ガン無視されても無。避けられても無。でも受け取ってもらえると嬉しい。

 

とまあ、こんな感じで配っております。

ちなみに、アリオーゾのバックナンバーはここから見られます。7月配布の夏号『もしも、』も、じき公開するので、

待っててください!

 

さて、この記事を読んでくれたみなさま、「見かけたことあるけどもらったことはないなあ」って方も、「え? 配ってたの?」って方も、「もらったことあるよー」って方も、次回お見かけの際はぜひぜひ、

 

アリオーゾ、受け取ってください!

 

部員が喜びます! 私も喜びます!

 

では!

「スキ!」を押すとこの記事を書いたいけまゆが喜びます!


  • 投稿者: いけまゆ

    いけまゆ
    社会学科。
    サークルの記事をCheck!