【番外編なのに必読です!】1ヶ月限定公開、TBS古谷アナの名言集!

先日、リモートによる取材でTBS古谷有美アナウンサーにソフィアンズコンテストに対する印象や、古谷さんが学生当時ミスコン出場で経験したことなどを赤裸々に語っていただきました。

インタビューではソフィアンズコンテストやミスコンの話に限らず、古谷さんの名言や深い話をたくさん伺えたのに、記事にしないのはあまりにもったいない!!!と、いうことで今回はインタビュー記事の番外編と称して、古谷さんの4つの名言や深い話を共にご紹介していきます。特に、将来に悩む大学生は必見です🙆なお1ヶ月限定公開なので、今のうちにご一読ください!

まだ古谷さんへのインタビュー記事を見られてない方は、こちらから是非ご覧くださいね!!それではいきましょーう!:)

古谷有美さん。©株式会社TBSテレビ

古谷有美

ふるや・ゆうみ。北海道出身。2011年上智大学外国語学部英語学科卒。在学中の2008年、ミスソフィアコンテストにてグランプリに輝く。TBS入社後、スポーツや報道など様々な分野の番組で活躍。現在は産休中。

参考資料:読売新聞オンライン・telling,


①夢はぽろっと口に出してみよう


古谷さんはミスコンでグランプリを受賞した後、TBSにアナウンサーとして入社されています。インタビューで夢に向かって一歩を踏み出す秘訣をお聞きしたところ、それは「自分の夢をぽろっと口にしてみた」ことだそうです。

たとえどんなに馬鹿馬鹿しいことでも、誰にも理解されないようなことでも良い。それを言葉にして誰かに伝えることで誰かが共感してくれたり、感心してくれたりして新たな一歩に繋がるかもしれない。だからこそ夢はぽろっと口に出してみることが大切とのことです。

古谷さんのおっしゃることは説得力がありすぎて、感心の嵐でした…。

言葉にして誰かに伝える。一見簡単なことだけど、とても大事な作業なんですね。



②就職自体は通過点に過ぎない

一通りの質疑応答を終え、アリオーゾから個人的な質問をいくつかさせてもらったときのこと。

アナウンサーに興味があるという某学生が古谷さんに「アナウンサーになるにあたってやっておいた方がいいことは何か」と伺いました。すると古谷さんからは「アナウンサーになることが最終目標になってしまうのはすごくもったいない。アナウンサーになること自体は通過点に過ぎないから、就職してさらにもう一個先にある自分のやりたいことを見据えている方が良いんじゃないかな、と思います」とのお答えが。

これはアナウンサーに限らず、今を悩める全ての大学生に響くアドバイスなのではないでしょうか。私も、残りの大学生活において「今」を最終目標にしてしまわないよう、先を見据えることができるように精進していきます。✊



③自分の人生の価値観も考えさせられるから、色々な場所にいくと楽しい

こちらは名言というか、古谷さんのエピソード自体が人生の教科書になっているなと感じました。なんと古谷さんは学生時代、バックパッカーで世界中を旅したそう。東南アジアはほぼコンプリートし、ヨーロッパ諸国からアメリカ、インドやメキシコ、更にモロッコまで!かっこよすぎますよね…。

そのような数々の経験を通じて、古谷さんは豊かさとは何かについて考えさせられたり、人生の価値観を立ち止まって考えたりしたそうです。宗教から食事、文化までも異なる国に足を運ぶことで、自分の人生の価値観を熟考できるんですね。

コロナが終息したら私も外国に飛び立とうと決心しました。(嘘ではないです。)


住み慣れない場所へ赴くと、そこには思いがけない出会いが待っているかもしれないですね:)




④新しいことはやってみないと分からないし、正解があるものではない

いよいよ最後の名言となってしまいました。これはインタビューが終了し、古谷さんが最後に言ってくださった言葉です。

今年から始まるソフィアンズコンテストは従来のミスコンを廃止し、新しい形で挑みます。候補者や開催するソフィア祭実行委員の方々はコンテストが楽しみな一方で、初めてのことに対する不安はもちろん、反発や批判に対する恐怖も抱えていることと思います。

古谷さんはそんな彼らに対し、「新しいことをやろうとするとき、反対意見は必ず出ると思います。でもやってみないとそれは分からないし、正解があるものでもない。皆さんの情熱で頑張って、楽しいものにしてください」というあたたかい言葉で応援してくださりました。


当時ミスコングランプリを受賞した古谷さん。©株式会社TBSテレビ


優しさと愛情にあふれる古谷さんとお話しする時間はとても楽しく、ソフィアンズコンテストのインタビューにも関わらず、人生における学びを多く得られました。古谷さんの名言を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

どれも、何かに悩んでいるときそっと背中を押してくれるような言葉ですよね。インタビューに応じてくださった古谷さんに、ここで改めて感謝の言葉を贈らせていただきます。最後まで本記事をご覧くださり、本当にありがとうございました!:)

サムネイル画像:いらすとやよりhttps://www.irasutoya.com/


古谷さんへのソフィアンズコンテストのインタビュー記事をご覧になっていない方は、こちらをクリックして是非ご覧になってください☆

11+

「スキ!」を押すとこの記事を書いたえみりんが喜びます!

11+

投稿者: えみりん

えみりん
えみりんと申します。よくコーギーに似ていると言われます。
ソフィアンズコンテスト2020の記事をCheck!