お散歩が楽しくなる!あなたの知らない食品サンプルの世界

みなさんはお気づきでしょうか、「店先の食品サンプルショーケースに、職人は本気を出していない」ということに。

 

 

知られざる食品サンプル職人の本気

こんにちは。食品サンプルオタクのきなせです。食品サンプルの聖地かっぱ橋や街中でサンプルを鑑賞していると、同行の友達に「サンプルよりサンプルを楽しそうに見るきなせが一番面白い」と言われてしまうので、この場を借りて全力で布教することにしました。まずは、これを見てください。

食品サンプルラーメン
みんな大好きラーメン! 豚の脂身がたまらない
食品サンプル春巻き
パリパリの皮があまりに美しい

これらは私が敬愛する株式会社いわさきのグループ会社、イワサキ・ビーアイさんが2016年8月に東京ソラマチ公開していた社内コンテスト「おいしさのアート展2016」のようす。
普段ショーケースで目にするサンプルとは明らかに違うことが分かると思いますが、そこにはどうしてもお伝えしたい深いワケがあります!

なぜ職人さんはショーケースで本気を見せてくれないの?

正確に言えば、職人さんたちはショーケース用のサンプルにおいて「より本物らしくするために本気を出せない」んです! それは、店先の食品サンプルはその飲食店が繁盛するよう、いかに通りすがりの人へ入ってみたいと思わせるか、それもコスパに見合う形で制作するかということが最優先されるから

食品サンプルお肉
なんと、触ると柔らかい、触感まで本物に近づけたという作品……! ショーケース用ではありえない
食品サンプルお味噌汁
お味噌の粒子があり、それに動きがついているのが衝撃的

だから、あえて色鮮やかにしたり、具材が重力に逆らって起きていたり、コスパ的な問題で料理の脇役であるお味噌汁が時間と手間のかからないベタ塗りな見た目になっていたりするんです。

しかし、職人さんはただの「シンデレラ」ではない

「こんなに美しく作れるのに、普段は「大人の事情」を考慮してお店の意に沿う作品を製作しなきゃいけないなんて……! まるで現代のシンデレラね!!!」と思った方は私だけではないでしょう。

だからこそ、職人さんたちの抑えきれないクリエイティビティを爆発させる場になっているのが、この社内コンクール。「食べ物で遊んではいけません」という日本の禁戒から解き放たれた彼らは、その特権をギャグセンスとともに存分に発揮します!

食品サンプルピザ
「ピザハット」を文字通り解釈したらこう!
食品サンプルラザニア
「ラザニア」を文字通り解釈したら……ん?????
石焼き芋
こ、こうして私が楽しんでるんだから、才能のムダ使いではない!
食品サンプル花束
決して才能のムダ使いではない!!!!!

……こんな遊び方も、限りなく本物に近いからこそ味わえる楽しみ。
その中でも「現実と虚構の境界」に焦点を当てた食品サンプルの写真集
NEARLY ETERNAL」が世界で発売されています。

表参道で開催していた写真展にも行っちゃいました

食品サンプルは今や、世界中に発信されるアートの被写体となったのです。

 

オタクの道に一歩踏み出す勇気がない人も、大丈夫

この記事を読んでいるうちにすっかり魅力に取りつかれてしまったけれど、こういうのに参加するのはちょっとハードルが高いなぁという人も、大丈夫。ぜひ近くの飲食店のショーケースを覗いてみましょう。

食品サンプルショーケース
北千住のウルトラマン。お店の雰囲気まで想像を掻き立てられます

最初と言ってることが違うじゃないか、と怒られそうですが、それは見方を知らないだけ。1つ1つ見てみると、ものすごく奥が深い世界なんです。

あえてリアルにしないところにキュン!

食品サンプルケーキ
お台場ヴィーナスフォートのショーケース

例えばこのブルーベリーケーキ。1つ珍しいところがあるのですが、なんだか分かりますか?

この作品の特徴は、生ブルーベリーが全部つながっているところ。ブルーベリーの輪郭がぼやけている分リアルではありませんが、むしろ印象派のようなアートのような品を感じませんか?

創意工夫の異素材使いにキュン!

食品サンプルフルーツヨーグルト
フルーツヨーグルト

この中に1つだけ、現在の食品サンプルの原材料の主流である塩化ビニール樹脂でない素材があります。

それは、てっぺんにのっているミントの葉。塩化ビニール樹脂で野菜などの葉ものを薄く製作するのはとても難しいそうなのですが、造花にされていることでリアルさの向上とコスト削減を実現しています。最近はバジルの葉も造花を見かけますよ!

食品サンプルうなぎ
上野駅に向かう途中で見つけたうな丼

こちらにはなんと、お米だけ本物が使われているんです。サンプルの白米よりも、タレがかかっているようなお米の自然な色が鰻によく馴染んでいるよう。潔いアイディアです!

商店街や下町では年代物も

食品サンプルショーケースの観賞をまとめて楽しみ放題なのは、マーケティングがよくされていそう(販促に力をいれていそう)なショッピングモールや駅ビルなどで、私のおすすめはレイアウトが美しいヴィーナスフォート。でも、街中や旅先で特に楽しいのは年代物探し!

食品サンプルコーヒー
江の島で見つけたコーヒー

ちょっと色褪せた感じもたまりませんね! ※写真に若干フィルターがかかってます

「ああ! もう今すぐ食品サンプルを見に飲食店街へ行きたいけどそうも行かない!」という人は、バイトや授業に支障が出る前に、まずは毎日癒しを届けてくださる株式会社いわさきさんのTwitterをフォローしてみましょう。

ここまで読んだけどそんなに興味が持てなかったあなたには、とても忍耐強いで賞をあげるとともに、2つだけお願いがあります。

まず、食品サンプル好きの友達と出かけるときは彼らが思わず立ち止まってしまうのをどうか許してあげてください。
そして、食品サンプルは1つ1つがお店のことを思って職人さんが手作りした、飲食店にとって最強の「販促グッズ」です。もしバイト先などでサンプルショーケースの前を看板が邪魔していたりしたら、そっとよけてあげてくださいね。それだけで、バイト先の売り上げに貢献することになるとともに、食品サンプルオタクが心の中であなたに「ありがとう」を贈るはずです。

投稿者: Kaori Kinase

食品サンプルが大好き。河童橋ではイワサキサンプル(元祖食品サンプル)、中央線沿線では新宿LUMINE EST、レイアウトではお台場VENUS FORTのサンプルがお気に入り。おすすめのサンプルがあったらぜひ教えてください!