【留学体験記】カナダはどれだけメープルなのか【検証】

 

こんにちは、つきょんです。GW明けから先生たちが本気を出し始め、課題に追われる毎日を送ってます。

 

突然ですが、この間の3月に私は1か月間カナダ・モントリオールに滞在していました!

さて、皆さんは「カナダ」と聞いて何を思い浮かべますか?

そう、

メープルシロップですよね!!

国旗のド真ん中に置いちゃうくらいカナダにとってなくてはならない存在のメープル。

 

 

もしかして、

 

 

 

カナダ人の食生活ってメープルシロップだらけなのでは??

 

 

 

 

そんなくだらない疑問を解消するために、

1か月間モントリオールの食生活を検証してきました!

 

 

 

 

1.そもそもモントリオールってどんなところ?

 

モントリオールとはカナダ東部に位置するフランス語圏の都市です!モントリオールオリンピックで名前知っている人もいるかもしれませんね

Google map より

そして地図を見ると分かる通り、モントリオールは北海道よりも北に位置しています。

つまり冬はめちゃくちゃ寒い……!!

 

3月でも平均気温は大体-3~6℃になります。モントリオール滞在中、アリオーゾの某部員からスキー場にあった気温計の写真が送られてきましたが、それと同じぐらいでした……(^^)

 

これは余談ですが、-15℃になると雪も降らないので天気は良いのに死ぬほど寒くなるということを知りました。肌を出したら死ぬ。

雪が降った翌日。雪国の人は傘を差さないっていうのは本当でした。

 

 

 

 

比較的暖かい日(-2℃ぐらい)

モントリオールは「北米のパリ」と呼ばれるケベック州最大の都市。街中の人々の話す言葉やカフェのメニュー、バスのアナウンスなど基本フランス語です。 でも英語も通じるのでフランス語が話せなくても大丈夫!

 

ケベックフレンチは、フランスのフランス語に比べると少し古い文法や単語が残っているんだとか。

ヨーロッパのような街並みの「旧市街」と呼ばれるエリア。とにかくおしゃれ

さて、モントリオールがどんな都市なのかイメージしていただけたでしょうか??

 

 

果たして、このモントリオールではどれだけメープルシロップが食されているのか……?!

 

 

2.モントリオールの食生活

まず、

結論から言わせていただくと

 

 

 

 

メープルシロップ以外にもいろいろあった。

 

 

 

 

一体どういうことなのか…??メープルシロップしかないんじゃないの……??(失礼)

じゃあカナダの食生活って一体……?????

 

ということで、まずは私が食べていた朝ごはんを紹介します!

 

それが、こちら

めっちゃおしゃれ~~~~~~~!!

原宿のカフェとかで売ってそう。めちゃくちゃ豪華。

これは私がモントリオールに着いた初日に食べた朝ごはんでした。時間が遅かったのでどちらかというとブランチに近いかもしれませんが。

しかも「メープルシロップかけて食べてね^^」とのこと。さすがカナダだなぁ……と思いながら私の一か月カナダ生活は始まりました。

まあこれ以降、食卓にメープルシロップが登場することはなかったんですけどね。

 

毎朝こんなオシャレパンケーキを食べているわけはなく、普段はこんな感じでした↓

インスタントコーヒーとピーナッツバターを塗ったベーグル、という至ってシンプルな組み合わせ。

これはカナダに限った話ではありませんが、とにかく全てが日本と比べてビッグサイズ。

私のホストファミリーは、2kgのピーナッツバターを買いだめしてました。

KRAFT Smooth Peanut Butter
(Kraft公式サイトより)2kgのピーナッツバター。このサイズを2週間ぐらいで使い切る。

どれぐらい大きいかというと……

Instagramの投稿より引用

↑これぐらい。

次はお昼ご飯。

ランチは人によって量も中身も全く異なります。

この日は比較的少なめのランチでした。モントリオールに来たばかりのころは、全部食べ切れなかったこともしばしば……それでも「食べられると思ってなかったからいいよ~^^」って言ってくれたホストマザーの優しさが身に染みる…………。

 

基本的には、サンドウィッチの代わりに前日の夜ご飯の残りがランチボックスに入れられたものを食べてました。

真ん中は、マッシュポテトにバターやチーズ、ミルクを加えたもの。普通においしい。

 

 

そして最後は夜ご飯。

 

夕食によくパスタが登場してました。というのも、ホストマザーはイタリア出身だったからなんですね~。

私のホストファミリーは今までに10人以上日本人の学生を受け入れてきたらしく、みんなめっちゃ細いし全然食べないからびっくりすると言ってました。

 

さらにホストマザーが写真を見せながら「これがマユカね。彼氏がいたの。レナは…たぶんいなかったかな、ケンは彼女がいたよ。あとは…」とこれまでの学生の恋愛事情大暴露大会を開催してくれました。それはあんまり興味ない。

 

 

 

3.モントリオールに来たらこれを食べよう!

さて、ホームステイ先の家庭料理を紹介してきましたが、移民の国でもあるカナダでは様々な国から来た人たちがいるので料理もバラバラです。

じゃあ、モントリオールならではのグルメって???

 

 

 

①Poutine(プーティン)

まずモントリオールに来たらこれ、Poutine。カナダ発祥のジャンクフードです。

フライドポテトに肉汁から作られたグレイビーソースとチーズをかけたもの。

とにかく見た目通り高カロリー!な食べ物。

モントリオールの人に「カナダのおすすめフードは何?」と聞くと高確率でこれが出てきます。そのうち何人かは「私は好きじゃないけどね。」って言いますが。

 

味が濃くて体に悪そうな感じの味なので、ときどき食べるのがよさそうです。

 

②スモークミート

こちらは、カナダの老舗スモークミート店「シュワルツ」のサンドウィッチ。下のほうに見える赤っぽいもの、全部山盛りの肉です。

このスモークミートは、分厚く切られていてかなりジューシー。かなりお腹いっぱいになります。私は完食できなかった……。

 

 

③メープルタフィー

メープル!!やっとタイトルにぴったりなものが出てきましたね!!!

見ての通り、メープルタフィーとは木の棒にメープルシロップをつけたお菓子(?)。

 

メープルタフィーの作り方は簡単☆彡

まず雪の上にメープルをたらして

棒にくるくる巻きつける。

 

以上!

要するにメープルシロップそのまま食べてるだけじゃん(笑)って思いますよね??

だけどめちゃくちゃ甘くておいしい!!メープルについた雪も冷たくて最高!!

本当にこれはおすすめしたいです^-^

 

実はこのメープルタフィー、私がこの検証を始めるきっかけになったものでした。

モントリオール出身の友達が「モントリオールでやってほしいのはこれ!!メープルタフィー!めちゃくちゃ美味しいよ!!」って笑顔で言われて、「いやメープルシロップ食べてるだけじゃん…どんだけ好きなんだ…」とびっくりしこの記事を書くことにしました。

 

実際メープルシロップをそのまま舐めたほうが、楽だし美味しいのかもしれませんが。

 

④ベーグル

実はモントリオールは美味しいベーグルでも有名です!中にクリームチーズ、スモークサーモン、そしてケイパー(ケイパーという木のつぼみのピクルス)が入ってます。

上の写真は学校のアクティビティで作ったベーグルですが、店で頼むと出てくるものと大体一緒です。

モントリオールのベーグルは生地にはちみつが使われているので甘みがあり、少し小さくて薄いのが特徴です。

スーパーでまとめ買いすると良し!!

 

 

4.まとめ

モントリオールの食文化はいかがでしょうか??

検証結果は「メープルシロップ以外にもいろいろたくさんあった」というものでしたが、街中のスーパーやお土産ショップに行くとメープルクッキーやキャンディーなど、メープルシロップを使った品物に出会えますよ!

私はメープルバターを買うのがおすすめです!

 

機会があればぜひ行ってみてくださいね^-^!!

 

※2018年5月20日 一部画像の追加・文章の追記を行いました。

 

投稿者: つきょん

つきょん
将来はそこそこ働いてめちゃくちゃお給料を頂いて完全週休三日制がいいと切実に願ってる大学二年生。