上智のことならお任せ!キャンパスツアーガイドとは?

こんにちは!今回が初記事のつきょんです。

年が明けたと思ったらすぐレポートや試験に追われ、気が付いたら秋学期が終わってました。

さらに、もうすぐ#春から上智の新入生もやってくるわけですが……

皆さん、上智についてどれぐらい知ってますか??

 

もし後輩に「Com-Xってどこですか?」「上智の二外ってどれぐらいあるんですか??」と聞かれたとき、果たしてちゃんと答えられるでしょうか?

そんな新入生たちの疑問に答えるべく、

上智について知り尽くしているャンパスツアーガイドの方々取材してきました!

 

 

 

◆そもそもキャンパスツアーって?

その名の通り、主に高校生を対象に上智のキャンパスを学生スタッフが案内するツアーのことです!

もしかしたら、入学前にツアーに参加した方もいるかもしれません。

あるいは、空きコマの間に旗を持って高校生を案内するガイドの姿を見たことがあるのではないでしょうか??

実際のキャンパスツアーの様子(入学センターより提供)

このようにキャンパス内の施設や上智の教育方針、イベントなどを話しながら高校生を案内します。

現在、学部生はもちろん院生も含んだ約60人がツアーガイドとして所属しているとか……!

なんとキャンパスツアーガイドは真面目な人なら誰でも応募できます。

年に1回、3~4月に新ガイドを募集しているそうなので興味のある人はロヨラをチェックだ!!!!!

ツアーの参加者は高校生やPTAの方々。施設の説明だけでなく、ちょっとした雑学や自身の学生生活の話も織り交ぜながら45分間案内します。

反応が大げさなアリオーゾ部員によるイメージ画像。

自分だって元高校生とはいえ、時が流れるのはめちゃくちゃ早い。ジェネレーションギャップを感じながらも共通の話題で和ませることも。

 

◆ツアーガイドの方にインタビューしてきました!

ツアーガイドっていったいどんな人なの??

ということで、キャンパスツアーを所管する入学センターの方にも「この人に取材すれば大丈夫」と太鼓判を押された

文学部新聞学科 田村優介さんです!

―高校生と話すときに意識していることはありますか?

高1相手だったら難しい話をしても仕方ないので、説明を簡単にしたり高校と一番違うところはどこかを言ったり。

高2高3は上智のよりリアルな実態をね()

相手がPTAの方だったら、少人数教育のことのような教育面の話をメインに話そうと意識してます。

そんなことを中心にツアーでは話してますね。

―どういうとこに興味を示していますか、高校生って。

なんだろうなぁ。例えば、図書館の新聞なんかはみんな興味を持ってくれてます。いつも僕は中東の緑色の新聞をいじったりしますけどね。

あとは、運動場なんか高校生は驚きますね。この間高校生のツアーやったけど広いって言ってて、僕は「あれで広いっていうんだー」って驚きました。

 

―ツアーをするときはどこを紹介していますか?

他のツアーとぶつからないよう、キャンパス内を回ってます。

ただ最近6号館も増えて45分間で回りきるのも難しくなって……。飛ばしがちなのは11号館あたり。雨降ってたら運動場はいかないし。逆に絶対説明するところはある。

 

―絶対説明するところ、とは…?

僕は新聞学科だからテレビセンター()

スケッチブックの写真見せて、プロ顔負けのスタジオって説明してる。やっぱり上智に興味のない人でも反応してくれる。

 

 

上智大学文学部公式ホームページより

二号館地下にあるテレビセンター。地方テレビ局と変わらない本格的な設備がそろっているんだとか。テレビ制作の授業で使用することができます。新聞学科の授業として開講している「テレビ制作」で主に使われていますが、他学部でも条件を満たせば履修可能です!学芸員課程の授業である「視聴覚教育」を履修してもOK!

 

何が起こるか分からないキャンパスツアー

―ツアー中に珍しかったり面白かったりした出来事があれば教えてください

とある高校の先生が上智の教授と知り合いで、勝手にコースを変更されて「ちょっと13号館の〇〇先生のとこに行きたいんだけど」って言われて強制的にツアーが変更されたことが…(笑)。

 

―その教授のところに行って…?

そう、13号館を案内してからまるまる20分ぐらい時間使われて。僕は全くノータッチ(笑)。困ったね、あれはね(笑)。

―キャンパスツアーとして得た上智に関する豆知識や雑学はありますか?

上智はカトリックだから、グーグルマップで上智大学を見ると十字架の形してるっていう。

―…本当なんですか?

なんでかっていうと、メインストリートって普通にさ、十字路でしょ。

ウワッ十字架が浮き上がって…見え…る……???

―あぁ…()

だから十字架になるっていう都市伝説()。高校生には、帰りにスマホで確かめてみてくださいって言ってて。

そういう都市伝説を毎回僕は言ってます。そんな感じで許してください()

 

ツアーガイドとしての仕事ぶりは…?

―キャンパスツアーガイドを始めたきっかけはなんですか?

僕は上智が第1志望で、愛校心があったんです。それで、ロヨラを見てたときに偶然「キャンパスツアーガイド募集」っていうのを見つけて「うわぁなにこれやりたい!」って。もともと人と話すのも好きだったし、伝えるのも好きだったから応募しました。

だからもし僕がたまたまロヨラを見てなかったら今ここにはいない、なんてね()。自分が1年生のときはキャンパスツアーガイドの存在も知らなかったしやってるところも見てなかったので、掲示板が本当にきっかけでした。

やっぱり面倒くさくてもロヨラは見るべきなのか……

―キャンパスツアーガイドの仕事のやりがいはありますか?

やりがいかぁ…。実際に自分が説明して高校生が喜んでくれたり笑ってくれたり興味を持ってくれたりするのはやりがいを感じるかな。

―上智の魅力って何だと思いますか?

すごいこじんまりとしたアットホームな空間があるなって思ってます。先生との距離は近いかなって。

先生に顔を覚えてもらえるし、自分の入ってないゼミの先生にも授業1、2回受ければ「ああ、田村君」みたいに声かけられるので。本当に高校並みの先生との仲の良さが僕の好きなところかな。

 

 

 

 

 

◆最後に

いかがでしたか?

グーグルマップまで支配下に入れている上智の恐るべき力には驚きでしたね……。

今回の記事でキャンパスツアーガイドの仕事に興味を持った方は、ぜひロヨラをチェックしてみてくださいね(^-^)

 

 

【上智大学のキャンパス見学について】
https://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/campus_kengaku_ad/index.html

キャンパスツアーを希望される方はこちらをご覧ください。

 

うわ~~~~~1号館だ~~~~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

※記事内容の一部追記・訂正を行いました。2018.2.7

 

投稿者: つきょん

つきょん
将来はそこそこ働いてめちゃくちゃお給料を頂いて完全週休三日制がいいと切実に願ってる大学二年生。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。