【準硬式野球部】高校時代はバスケ部異色のサウスポーが狙うのは?!【上南戦2018】

【プロフィール】

山中文太【やまなか・ぶんた】

準硬式野球部

経済学部経済学科3年

地元愛知に凱旋

──上南戦に関する印象を教えてください

今年は南山開催ですが、僕は地元が愛知県で出身高校が南山国際なんですよね(笑)。なので、故郷というかある種の家のようなところに帰って試合をするのでより一層頑張ろうという気持ちです。一年生の時(南山開催)も他の部員がホテルに泊まる中、自分だけ実家に帰りましたね(笑)。

──地元ということですが、知り合いの方や親御さんが試合に来てくれたりとかはしましたか

一年生の時は父が見に来てくれました。多分今年の上南戦が親が見に来られる最後の試合になると思います。

──ぜひご両親の前でかっこいい姿を…

そうですね(笑)。見せてやりたいと思います。

打者有利な中、気持ちだけは負けない

──硬式野球ではなく準硬式を選んだ理由を教えてください。

一応両方の体験入部には行ったんですけど、硬式ボールを投げたら重さの問題もあってあまり肘の具合が良くなくて。準硬式ボールだったら問題なかったので、だったら準硬式で行こうとなりました。

──プロ野球などは硬式野球ですけど、準硬式野球ならではの特徴ってあったりしますか。

準硬式は点が入りやすいですね。反発力があって打者にとっては打ちやすいボールなんじゃないかなって思います。

──金属バットが使えるなど打者有利の環境だと思うんですけど、それに対応するためにピッチャーとして意識していることはありますか?

すごく抽象的な話になってしまうんですけど、絶対に気持ちだけでは負けないということですね。何があっても腕を思いきり振るということを意識しています。逆に、それをしないと絶対にやられてしまいますね。

──上南戦と普段の試合って違いってありますか?

あんまりないですね。地元なので多少テンションは上がります。でも、いつもと同じように準備して試合に臨むつもりなのであくまでいつも通りやりたいと思います。

高校でできなかった野球、今はやりがいがある

──ピッチャーを始めてから何年ですか?

ピッチャーは大学に入って始めたので3年目になりますね。

──それまではどこのポジションでしたか?

それまではファーストをやっていました。

──大学でも野球をやろうと思ったきっかけはありますか?

僕、実は高校野球をやっていなくて。通っていた高校に野球部がなくて、バスケをやっていました。野球やりたくて野球部を作ろうとしたくらいなんですけど却下されてしまって。なので大学では絶対に野球をやろうと決めていました。

──じゃあ今は野球をやれていて楽しいですか?

もう、とても(笑)。とても楽しいって言ったらあれなんですけど、今はピッチャーというポジションをやらせてもらっていることもあってやりがいを感じています。

──高校ではバスケ部だったということですが、久しぶりに野球をやった時に大変なこととかありましたか?

ブランクが三年間あったわけなので、練習でできたことが試合でできないということがありましたね。でも先輩たちが辛抱して使ってくださったので、最近やっと試合慣れしてきました(笑)。ピッチャーにも慣れてきて最近は形になってきているなって思います。

──自分のプレーで集中してほしいところはありますか?事前アンケートではピンチになった時の表情とお答えになっていますが。

自分でいうことじゃなかったですね(笑)。でもゾーンに入るじゃないですけどピンチになった時はガーっと集中してその時は結構人が変わるって周りからも言われますね。

──ピッチャーは打たせて取るタイプと三振を狙いに行くタイプとあると思うんですが山中さんはどちらでしょうか。

調子がいいときはバンバン三振狙いに行きますね。最近決め球に自信を持っています。

──ぜひ、今回は二桁奪三振を!

そうですね(笑)。上南戦の目標にしてみようと思います。

──上智生に向けてメッセージをお願います。

今回は僕の地元開催ということもあってすごく気合が入っています。名古屋なんで遠いんですけどぜひ僕たちが頑張っているところを応援していただけたらなと思います。

【取材を終えて】

野球部がなくて自分で作ろうとしたと聞いて、某大リーグマンガの主人公を思い出しました(サウスポーという点も同じ)。チームの大黒柱として、勝利へ導くピッチングを期待しております!

 

投稿者: acts

acts
①19歳②文学部新聞学科③右左④175㎝64㎏⑤東京⑥1000 ▼800⑦2年目⑧木村文乃⑨O⑩野球観戦⑪ブキャナンは神
上南戦の記事をCheck!